銀行系カードローンは専業主婦でも利用できる低金利のカードローン

消費者金融と銀行カードローンの違い

キャッシングは大きく分けると、消費者金融系のカードローンと銀行系カードローンとに分けることができ、その特徴は大きく異なります。
この二つのキャッシングの大きな違いとして、代表的なのが総量規制という法律が適用されるか否かです。

総量規制の有無が違う!専業主婦もOK!

総量規制対象外ローンとは「年収の3分の1以上」という制限が無いローンです。通常、消費者金融やクレジットカードキャッシングは、年収の3分の1を超える融資は受けられません。

総量規制とは、借金の上限額を年収の3分の1以下に制限する法律であるため、これが適用された場合には専業主婦のような収入を持たない人はキャッシングを利用することΩできません。
そして、消費者金融の商品には総量規制が適用され、銀行の商品には総量規制は適用されません。
つまり、銀行系カードローンの特徴のひとつとして、専業主婦でも利用できるということが挙げられるのです。
また、家計を預かる主婦の方の場合、ご主人に借金をしていることを知られたくないというケースも多いのが現状です。
このような場合でも、総量規制の適用がないカードローンであれば、配偶者の同意書や収入証明書などの書類の提出は不要な場合が多いので、ご主人に知られることなく利用することも可能になります。

専業主婦がキャッシングを申し込む方法

申し込み方法は銀行によって異なりますが、銀行内にカードローン申し込み専用のATMが設置してあるのであればそれを利用する方法が最もオススメの方法になります。
なぜなら、カードローン申し込み専用のATMを利用すれば、その日のうちにローンカードが発行されますので、その日のうちにお金を借りることが可能になるのです。
もちろんこの専用ATMは個室ような状態になっていますから、操作している状態は誰にも見られることはありません。
さらに、銀行系カードローンは消費者金融などと比較した場合に金利水準もとても低く設定されていますので、この点でもオススメです。